野田市医師会のホームページにようこそ。

野田市は関東平野の中央に位置する千葉県北西部の人口15万6千人の小都市で、利根川、江戸川と利根運河に囲まれ、古くから醤油の町として発展してまいりました。

古くからの産業発展と共に交通の要衝でもあったことが幸いし、戦後の乱開発を逃れて、都心近郊では珍しい程の緑豊かな町となっています。

野田市医師会は昭和26年に野田市市制施行により東葛飾郡医師会から独立したことに始まり、現在は医療機関72施設、会員数136名の構成 になっています。

医師会では地域の健康増進、公衆衛生さらに介護医療にも力を注いでおります。休日診療では医療機関が交代で診療を受け持ち、夜間急病センターは年中無休で急病を受け入れております。

各医療機関においては、市民のかかりつけ医を担う一方、病診連携により、さらに充実した医療を提供してまいります。

どうぞこのホームページをご活用ください。


野田市医師会 会長 岡田一芳

 
野田市医師会
会 長 金本 秀之
 


    現在取り組み中の主な事業は次のとおりです。

    1. 健康増進法に伴う基本健康診断、胃がん、乳がん、肺がん、子宮がん、大腸がん等の健診事業に参加
    2. 母子保健事業への協力
    3. 健康教育事業への協力
    4. 広報活動
    5. 介護保険認定審査業務への協力
    6. 休日救急医療輪番制の実施(昭和40年10月より 発足)
    7. 平日夜間診療(野田市急病センター)の実施(平成11年6月より発足)
    8. 24時間二次救急医療体制の実施(昭和60年4月 発足)
    9. 災害救急活動への参加
    10. 生涯教育としての学術活動及び勤務医カンファレンスの開催
    11. 各種予防接種への協力
    12. 学校医活動と学校保健活動に参加
    13. 小児期における生活習慣病対策事業への協力
    14. 産業保健活動に参加


    当医師会では、地域住民の健康を守るため医療、保健、福祉のすべての分野にわたり、これからも一層の貢献をしたいと願っております。
    どうぞ暖かいご支援をお願い申し上げます。





    桜の清水公園

    桜の清水公園

 

 
Copyright (C) Noda Ishikai 2002. All Rights Reserved